必ず痩せる薬なんてあるのか

痩せる薬というものはありませんが、海外では薬で痩せるダイエットというものがあります。

特におすすめは、下記の二つの医薬品です。


右のゼニカルは、美味しいものを食べながら減量ダイエット効果もあるという、アメリカのFDA認可の世界売上ランキング トップクラスのダイエット医薬品です。


ゼニカルは、体重の管理に使われている減量薬で、食べ物の脂肪分を吸収して体の外に出すような作用があるそうです。


左のフルファストガムは、全米では知名度のあるガムです。このガムをかむと満腹中枢が刺激されるので空腹感がなくなって食べ過ぎを防いでくれます。



日本のドラッグストアなどには売っていないので、個人輸入代行のオオサカ堂を紹介します。


フルファストガム>>


ゼニカル>>

飲んですぐ痩せる薬って本当にあるの?と思いますが、そんな魔法の薬があったら大変なことになりますよね。日本では薬の販売は規制が厳しいですが、海外では肥満の人が多いため、痩せる薬も販売されていますし、病院や医療クリニックなどでは、痩せるための薬が処方されるそうです。痩せる効果は、日本で売られているようなダイエットサプリよりも強力なのは、当然ですが、副作用も考えられるのでかならずかかりつけのお医者さんに聞いてみるのが良いと思います。 スリムボディや理想の体型、健康的に痩せたいという願望をかなえてくれる薬もあります。食事制限だときついし、酵素ダイエットのようなものもすぐにお腹がすいてしまい長続きしない人もおおおいです。一番良いのは、運動して体の脂肪を燃焼させて体の老廃物を出して、新陳代謝を上げることで痩せやすい体質を作ることです。とはいえ、それも難しいので、そういった効果が期待できる薬をネット通販で購入する人もいます。



ダイエットするときに考える事

即効性が高い痩せる薬!食欲を抑えて脂肪を燃焼! ダイエットで一番大切なのが継続して痩せることができるかという点です。いくら痩せたいと願っていても、実際の体重はそう簡単に減るものではありません。脂肪を燃焼させたり、ご飯を制限して炭水化物を減らす必要があります。海外では、肥満の人が多くて、そういったダイエットサプリやダイエット器具もたくさん販売されていますが、そんなにダイエット商品が発売されていたらもっと細身の人が増えても良いと思います。逆に韓国などの日とはスラット美人がおおいですね。食生活、特にキムチなど辛い物が好きな国民性もあって、汗をよくかいて新陳代謝が良いのかもしれません。

太ってるねと言われた時について。

私は肥満遺伝子があるからなのか、人一倍太りやすい体質のように感じます。 「太ってるね」「太ったね」もありますし、逆に「痩せたね」「痩せすぎ」「もっと太った方が良い」 とどちらも経験があります。 DVの兄からはしょっちゅう「デブ」「痩せろ」と言われてましたし、友達には「太ったね、どうした の?」、これは冗談ですが、大好きな夫から「ミシュランガイドのキャラクターに似てる」と言われた 事があります。 私が一番痩せてた時が47kgで、一番太ってた時は69kgもありました。今はダイエット中で、体重60kg です。やはりとても体重に差があるので、見た目がとても変わります。私は体重が下半身と顔にとても 出やすいので、人からすぐ気づかれます。「太ったね」と言われる時は、やはり60kg過ぎると指摘され 始め、65kg以上になると周りもびっくりです。 言われるシチュエーションは様々ですが、いつも一緒にいる夫はすぐにきづいて教えてくれますし、久 しぶりに会う人達からは必ず体型について指摘されます。 そう言われて痩せる努力をするよりも、自分自身が何かしらで太った事を痛感した時に、痩せる努力を 始めます。今後もダイエットを続けて、確実に50kgになろうと思っています。

高校時代の友人からの一言でダイエットを決意しました

社会人になって4年目、高校時代の友人と2年ぶりに会った時の最初の一言目が「元気だった?」ではなく「太ったね」でした。 多少、いらっとしたものの自分にも十分すぎる自覚があったので、怒りというよりは「やっぱり」という納得した気持ちでした。 と言うのも私は、高校当時はむしろ周囲から「痩せている」とよく言われた方だったので、それから社会人になり10kg以上太ってしまっても身長が169cmと高かったので「太ってるわけじゃない、標準くらいだろう」と少し自分に甘く考えていた部分もあったのです。 なので体重が65s近くになっても、「もうさすがにマズイかも」と「いやまだ大丈夫だろう」を行ったり来たりしていました。 しかし気の知れた友人にはっきり言われた事で、それを機にダイエットを決意し、運動と食事制限で半年で10s戻しました。 運動は、会社の同僚が通っていたジムに入会して主に水泳とランニングを週に3回こなし、食事制限はそれまで外食が多かったのを止めて、週に半分は必ず自炊するようにしました。自炊のメニューも、なるべく体が温まるような温かいものを食べるようにし、また燃焼効果のあるしょうがを料理に使ったり、紅茶に混ぜて飲んだりしました。
更新履歴